日本の冬の食卓に笑顔を運ぶ鍋料理の鍋

日本の冬は気温が低く空気も冷たく、寒い日が続くだけに家庭での食事では、温かいメニューが喜ばれます。
和食メニューとして冬の食卓に登場をすると、家族に思わず笑顔がこぼれるのが鍋料理です。
たっぷりの野菜と肉や魚に豆腐など、栄養の良い食事を鍋料理で簡単に食べることができますし、温かくてお腹も心も満たされます。
浅くて口の広いものが、鍋料理に使われる鍋の基本の形であり、ほかにもメニューの特徴に適した専用鍋があるので便利です。
おでんも冬の定番メニューですが、おでん鍋には仕切りがあるため、中で綺麗に種物をわけて並べることができます。
取り外しができる仕切りなので、ほかのなべ物にも使えるのが、おでん鍋の重宝するところです。
すき焼き鍋はすき焼き専門であり、鍋の中で広げて肉を焼き、野菜や豆腐類の具材は平らに入れて使います。
真ん中が煙突のように突き出たドーナツ状の鍋は、しゃぶしゃぶ用鍋です。
しゃぶしゃぶをするときにお湯の温度が低くなりにくいのは、なべ底の表面積が増えるためであり、温かいまま食事をすることができます。